[WordPress] body_class()で、どのテンプレートファイルが反映されているかが分かる

この記事は2017年3月20日に更新したものです。情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

WordPressを使っていると、よく「いま表示している記事やページはどのテンプレートファイルが適用されているのだろう…?」と疑問に思うことがしばしばあります。

確認する方法はいろいろとありますが、たぶんこれが一番簡単だと思います。

この<?php body_class(); ?>という一言を<body>タグに入れるだけ。

出力されるページのbody内に適用されているテーマファイルに応じてクラスが自動的に挿入されます。使い方によってはデザインの変更などにも使えそうです。

ちなみに、実際の出力は以下のようになります。(Wordpressをインストールしたときのサンプルページ)

 

私がよく使うテンプレートファイルとその出力クラス名を以下の表にまとめてみました。

テーマファイル 出力クラス名
 フロントページ  home
 カテゴリー
アーカイブページ
 archive category category-slug [ paged paged-n category-paged-n ]
 タグ
アーカイブページ
 archive tag tag-slug [ paged paged-n tag-paged-n ]
 404エラーページ  error404
 単体記事ページ  single postid-ID [ paged paged-n single-paged-n]
 固定ページ  page page-id-ID [ page-template page-template-template_file_name ] [ paged paged-n page-paged-n ]
 (ログイン状態)  logged-in

詳しい対応表は公式のWikiにもあるのでぜひそちらも参考にしてみてください。
http://codex.wordpress.org/Function_Reference/body_class


関連記事

ブログ

2016年5月5日

要素の高さをそろえるJQuery「jquery.tile.js」で記事一覧やギャラリーを見やすくする

ブログ

2017年4月21日

[WordPress]記事の更新日を表す関数the_modified_date()を使って古い記事に警告を出す

ブログ

2016年10月19日

[食レポ]タイ北部・チェンマイのグルメの話。

Copyright© goo-yan.com All Rights Reserved.